NEWS

【メディアアーカイブ】遺贈寄付サポートセンター 掲載記事

 

◆静岡新聞4月1日 朝刊(以下記事抜粋)

《遺贈相談窓口を開設 社会貢献サポート》

 日本財団(東京都)は1日から、遺言書の作成によって社会的な課題に取り組む団体などに財産を譲る遺贈の相談窓口「遺贈寄付サポートセンター」を開設する。遺贈を通じて社会貢献をしたい人を支援するのが狙い。

 主な支援内容は電話相談や遺言書作成の補助など。同財団への遺贈だけでなく、他団体への仲介も行う。いずれも無料。

 同財団はこれまでも遺贈を受け付けてきたが、数年前から相談件数が増加。40歳以上の男女約2400人を対象に実施したアンケートでは全体の3分の1が遺贈に前向きとの結果だった。終活ブームが背景にあるという。

 日本財団への相談は<電0120(331)531>へ。

 

◆BLOGOS

終活相談から遺贈まで

元記事はこちら

 

◆ソナエWEB

社会貢献活動への遺贈を支援 日本財団が遺贈寄付サポートセンター設立

元記事はこちら

 

◆東京新聞4月1日 朝刊

《日本財団、遺贈寄付サポートセンターを設立》

 日本財団(港区)は一日、財団内に遺贈寄付サポートセンターを設立する。遺贈とは遺言書を作って特定の人や団体に財産を贈与することで、センターは遺贈で社会貢献を目指す人を支援する。支援内容は電話や訪問による遺贈先の紹介や遺言書作成などで、相談は無料で応じる。

 問い合わせは、センター=フリーダイヤル(0120)331531(平日午前九時~午後五時)=へ。

◆世界日報4月1日

《遺贈の用途など無料相談 日本財団がサポートセンター》

 日本財団は1日から、遺贈の相談や遺言書の作成などを無料でサポートする「日本財団遺贈寄付サポートセンター」をオープンすると発表した。遺贈は相続と違い、法定相続人(配偶者や子供など)以外の人や団体にも財団の全部又は一部を無償で譲ることができる。

 サポート内容は、弁護士や税理士と連携して社会貢献したい人のために遺贈先の照会や遺言書の作成などを無料で相談。また、同財団へ寄付すると寄付者の希望に応じた社会貢献事業を作成でき、名前を冠した基金の設置もできる。

 同センターの無料相談電話は0120-331-531.平日の9~17時まで。

2016年04月21日

ご相談はお気軽に!秘密は厳守します。
日本財団 遺贈寄付サポートセンター
 0120-331-531

PAGE TOP

Copyright © 2001-2017 The Nippon Foundation